最新の改訂日:2018年9月25日


催し物案内

演題 第八回講演会「『南京事件』はこうしてつくられた - 日テレ『南京事件U』の歪曲の仕方」

南京事件は架空の出来事です
  しかし本年五月十三日に日本テレビで放映された「南京事件U」は南京事件を事実として制作しました。それを見た福田康夫元総理は番組を信じ、南京大虐殺記念館を訪問しました。
  南京事件は絵空事ですから、事実にしようとするならウソをつかなければなりません。当然のことですが「南京事件U」はウソの溢れる番組となりました。
  第八回講演会は、日本テレビの「南京事件U」を一緒に見ながら、どのように南京事件がでっち上げられていくか、検証していきます。
  これまで南京事件がいかに捏造されてきたか改めてわかります。

次第 講師:阿羅健一

6;30 日テレ『南京事件U』の映写
7:20 数々のウソの説明(既に番組をご覧になっている方は、ここから参加可)
8:10 質疑応答
8:30 終演

日時 10月12日(金) 午後6時15分開場
場所 文京シビックセンター 4階会議室 B

文京区春日1−16−21   
(地下鉄丸ノ内線後楽園駅、東西線春日駅、都営三田線春日駅、都営大江戸線春日駅、それぞれすぐ、 JR水道橋駅徒歩10分)

参加費 一般は千円・学生は五百円(「南京戦の真実を追及する会」の会員は無料)
主催 南京戦の真実を追及する会(会長 阿羅健一)


 

第6回講演会(6月22日 講師:原川貴郎)要旨
第5回講演会(4月12日 表題:「完結・南京事件」 講師:水間政憲)要旨&Youtube録画
マリノフ利江「カナダからの報告会」要旨

 


目    次


推 薦 動 画
(画像をクリックしてyoutube動画をご覧下さい。)



To the top of this page
Return to Home